「凝集力」から見るアイドルグループ −生田絵梨花と工藤遥の比較でわかること

はじめに 異なるアイドルグループどうしを比較するとき、僕が重要だと考える要素に「凝集力」というものがあります。これは何かといいますと、ようするに「グループがどれだけまとまっているか」を示す基準であって、この「凝集力」は様々な面でそのグループ…

『あさひなぐ』感想 「訳し方」

映画『あさひなぐ』を観てきたので感想を記しておこうと思います。ちなみに、僕は原作の漫画も舞台版も触れずに行ったので予備知識はゼロ、さらに言うと薙刀に関する知識もありません。それから、この場面の誰ちゃんが可愛かった、のような感想はツイッター…

おめでたいお話

スヤスヤと寝ている間に、推しメンである乃木坂46の桜井玲香さんの嬉しいニュースが発表されていました NYLON JAPANのレギュラーモデルに選ばれたようです。おめでとうございます。 振り返ってみると、ファースト写真集の発売、NHKのハングル講座の生徒役な…

「大器晩成」レコーディングまとめ

ハロプロに所属するアンジュルムというグループ(スマイレージから改名)の代表曲に「大器晩成」という曲があります。作詞作曲は中島卓偉。編曲は鈴木俊介。 今日のブログでは、突然なのですが、この「大器晩成」という曲のレコーディング映像をご紹介させてい…

アイドルのキャラ

お久しぶりです。 いろんなアイドルグループを見て、よくいるキャラクターを羅列し、偏見ありきでその特徴を書きました。順番に特に意図はありません。ほとんどのアイドルは、どれか一つのタイプに当てはまるというより、これらの複合と思われます。ネーミ…

「墓場、女子高生」を観た。

東京ドームシティシアターGロッソにて10/14-22まで上演されていた舞台「墓場、女子高生」を2度鑑賞した感想をつらつらと書き留めておこうかと思います。 1度目は16日ソワレ。モバイル1次応募で確保したB列下手側の席でした。2度目は19日ソワレを当日券で確…

川尻松子という人物をいかに観客に納得させるか。

30日の夜、品川club EXシアターにて桜井玲香さん主演の舞台「嫌われ松子の一生」(赤い熱情編)初回公演を鑑賞してきました。本記事では、この作品についての僕なりの解釈を書きます。演技についてはまだ触れていません。また後で別に書くつもりです。以下の…

15th選抜発表を受けて

こんばんは。 前回の更新から、かなり間が空いてしまいましたが、昨日「乃木坂工事中」にて15thシングルの選抜発表がありましたので、そのことに少し触れておきたいと思い、記事を書きます。 15thシングルで、玲香さんは2列目10番(上手端)のポジションが与…

「リボンの騎士」DVDが発売されたよ!

こんにちは。昨年11月12日から17日に東京の赤坂ACTシアター、12月3日から6日に大阪のシアターBRAVA!にて上演され、好評を博したミュージカル「リボンの騎士」がこのたびDVDとなりましたので、桜井玲香さん推しの当ブログでも宣伝をします。購入はコチラ→ Ne…

桜井玲香 個人PV紹介まとめ

この記事では、桜井玲香さんの個人PVを紹介したいと思います。 個人PVとは、乃木坂46のシングル初回仕様限定版(DVDつき)に特典として収録される一作品5分あまりの映像で、さまざまな分野のクリエイターたちがメンバー1人1人を主役に、その魅力をドラマや歌、…

「君の足跡」を読んで

よく、映画を観たあとに、パンフレットにある制作陣のインタビューなどを読んで、改めてもう一度観直すと、印象が変化したり、新たな面白さを発見したりすることがあります。 生駒里奈ちゃんのファースト写真集「君の足跡」(本日2/24発売)は私がまさにそん…

生田絵梨花と素顔

生田絵梨花は天才と呼ばれることの多い人です。しかし、天才という言葉は、しばしば実態を隠して見えなくしてしまいます。ときには対象の努力をないがしろにする言葉であり、さらに言えば、その歩んできた道程までをも軽んじる言葉かもしれません。今回は、…

伊藤万理華と個性

2015年、乃木坂46は数え切れないほど多くの雑誌に取り上げられましたが、その中でも、とびきり異色の活躍を見せたメンバーがいました。伊藤万理華です。デザイン雑誌月刊MdNでの連載開始。それは、週刊誌のグラビアなどと違い、乃木坂46というアイドルブラ…

桜井玲香とキャプテン

乃木坂46のキャプテン、桜井玲香。彼女が築き上げてきた独自のキャプテン像とは一体どんなものなのか、そして桜井玲香という人物の魅力はどこにあるのか。この記事では、過去のテレビ、ラジオ、雑誌、ブログにおける本人や周囲の発言などを振り返りつつ、1…